本文へジャンプ

山梨での葬儀・宴会・会議はアピオへ

葬儀についてのご相談
24時間365日受け付けております
0120-11-4490
葬儀についてのご相談0120-11-4490

スタッフ紹介

確かな知識と技能で心のサービスを実践する葬祭ディレクター

堀口 敏行 2015年度 厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査 合格 1級葬祭ディレクター

仕事をする上で心がけている事

 私は入社してから、ウエディングプランナーとして、たくさんの結婚式のお手伝いをして来ました。現在はエンディングプランナーとして、お葬式のお手伝いをしております。私が仕事をする上で心がけている事は、お客様の『想い』を聴く事です。当たり前の事ですが、その『想い』に対して、「このような事はいかがですか?こんな事も出来ますよ」と、具体案をいくつか提案し、形のない『想い』を、形にしていくのが、プランナーとしての実力だと思います。
 葬祭ディレクターとなった現在も、『想い』を聴き、提案をし、ご意向に沿ったお葬式を作り上げる事が、私の責務だと思っております。
 情報化社会で、葬儀のスタイルも多様化しておりますが、時代に遅れることのないよう、常に努力してお客様の『想い』を叶えていこうと思います。

幡野 修平 2017年度 厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査 合格 1級葬祭ディレクター

仕事をする上で心がけている事

私は日頃、ご葬儀の相談員をさせて頂いております。ご葬儀のお打合せの中で一番に心掛けているのは、ご遺族の話をまずはじっくり聞く事です。葬儀は非日常的な出来事で一度しかできません。その中でご遺族の要望や願いをできるだけ多く叶えたいと思っています。お打合せの中でご遺族の発した何気ない一言一言にその方の本当のお気持ちや、故人に何をしてあげたいかが見えてきたりします。現在の葬儀は昔からの伝統のやり方だけでなく、遺族の考えや個人の遺志で、良い意味で自由に葬儀ができる時代になっています。結婚式のように色んな事をしたいとこだわりを持つご遺族も多くいらっしゃいます。ですが結婚式のように長い期間で打ち合せする事がご葬儀では難しいです。短い時間の中でご遺族の話を聞いて、その想いにそったご葬儀をプランニングできるように心がけています。

三椚 広人 2017年度 厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査 合格 1級葬祭ディレクター

働く信条として

 「頂いたご縁を大切にする」この一言を常に大切にしています。それは全て人と人とのつながりで始まりそのつながりを良くするも悪くするのも自分次第で変わります。私は、お客様や一緒に働くメンバーに対しても思いやりを持ち心と心のふれあいを考え一人の人間として誠意を持った対応を心掛けています。
 ほとんどの方は葬儀に主体的にかかわる機会は少ないため不安を感じる方は多いと思いますが、ご家族に安心して人生の節目を臨んで頂ける様に心に寄り添ったサポートをするのが私たちの役割だと考えます。人間の尊厳に一番近い仕事に携わっている責任を自覚し、頂いたご縁において、お客様に「三椚さんで良かった」と言って頂ける様、お客様にとって最良の人生の節目であるように努めてまいります。

功刀 大輔 2017年度 厚生労働省認定 葬祭ディレクター技能審査 合格 1級葬祭ディレクター

仕事をする上で心がけている事

 日々施行をする中で大切に心がけている事があります。一つ一つ決して雑にならず常にお客様の立場にたち行動する事です。大切な人を亡くして精神的にとても大変な時なので、寄り添い親身になって接する事を心がけています。
 仕事をするにあたり最初先輩方から言われた事があります。
「私達にとっては毎日の事だけどお客様にとっては一生に一度の事」だという事です。やり直しは決して出来ません。その中でお客様と関わる時間をいかに大事にし、寄り添い、お客様の立場にたつ事が出来るかを意識しています。
 毎日誇りを持って仕事をやっています。人を送るというのはとても大変で大切な事だからです。


山梨でのご葬儀、お任せください

株式会社 ファミリーラブ

24時間365日
いつでも受け付けております
0120-11-4490 0120-11-4490